なすしおばら山の会

2024.4月~6月

「南高尾セブンサミッツ」 令和6年5月11日(土)

参加者:あやや(L)、麗子、ミッコ、ノンちゃん、タモさん

天気快晴

【概要】

 AKBスペシャルメンバー(自称)4人と付人1人のチームに課されたミッションは、

日本一登山者が多い高尾山(東京都)南方の7峰を巡りハート形の軌跡を描け”というものだった。リーダーの発案により、列車を使った現地集合型の山行となり、全員612那須塩原発の始発新幹線に乗り東京駅に到着。 

だが、いきなりハプニング勃発!「中央線は人身事故により運転を見合わせ、再開は7時50分頃の見込みです」と駅員のアナウンス。どうする?どうする?「新宿まで移動して京王線か」と慌てるTさんをAリーダーが「うろたえるな、待つべし!」と一喝。さすが、落ち着いた指示に身がビシッと引き締まる(一生ついていきます♡)。

ようやく高尾山口駅に到着し、登山開始は950と計画より20分遅れ、始発利用のアドバンテージも含めれば50分ほどのロスタイム。果たしてミッションは成功するのか。

高尾山頂までは自然研究路6号をたどり、快晴の新緑の中を気持ちよく進んだが、だんだん道が狭くなり、泥でぬかるんだ悪路となった。おまけに、団体登山のグループが狭い道をふさぐように進んでいる。アリの行列。最悪だ。山頂まで何時間かかるのか?みんなの顔に焦りの色が。

その時、後ろからトレイルランの若者達数人が「ちょっと失礼します」と爽やかに横をすり抜けて登っていくではないか。と、すかさず鬼軍曹Rに尻を押されAリーダーがスルスルとトレイルランナーを追いかけてトップギアで登りだすではないか。良いんでしょうか?と思いつつも、付いていくしかないでしょ「御免あそばせ」と。そのまま勢いがついて頂上近くまでどんどん登っていく。「これじゃ早すぎて最後まで持たないよー」と後続から悲鳴もちらほら。でも、山頂についた時にはすっかり遅れを取り戻し計画を上回るペースに。AKBパワー恐るべし。

高尾山頂はさすがに土曜日とあって原宿並み混雑。雑踏を抜けて大垂水方面に降りて行き、気持ちの良い緑の中を快適に進んだ。でも、意外に急勾配、急階段のアップダウンもあり、徐々に疲労が足に来る。でもご安心あれ。メンバーのおしゃべりはR子さんを中心に全開で向かうところ敵なし、疲れも吹っ飛ばす勢いだ。その勢いに乗り、大洞山、金毘羅山、入沢山と順調に進む。登山道はよく整備されており、途中でランチや休憩をとった場所には丸太で作ったベンチやテーブル、そしておしゃれなザック掛け(木の枝を削ったフック)があり「さすが観光地の山」という感じ。おまけに、“天空のレストラン”まであるではないか。もちろん食堂ではなく、景色のいいベンチとテーブル。いや~東京・神奈川の山はイチイチおしゃれじゃのう~。

泰光寺山、榎窪山までくれば、♡ルートの下の方のとんがった部分からの折り返しだ。地図を見ながら「そろそろハートのてっぺんあたりか」と考えながら歩いた。

ここでひとつ、Tさんから唐突になぞ掛けが。「春の終わりとかけてなんと解く? 仮面ライダーと説きます」と出され、皆さん不信顔(このおっさん大丈夫やろか?)。「その心は?」 ⇒「迫るショカー(初夏)」。 若い人にはわかんねえだろーなー。

気を取り直して最後の草戸山に向かう。ここを過ぎればあと少し、と思いきや駅まではまだ1時間近くありそう。最後の方はさすがのAKBも口数が少なくなりがち。ここでR子さんからのカンフル剤「本会登山お笑い名場面」の話題が出てくると、皆さん元気を盛り返し、足のつらさも忘れ、笑いで顎が外れる方が心配になってきた。

最後に民家の脇の細道を抜けると、スタート・ゴール地点の高尾山口駅が見え、無事到着。歩いてハート形の軌跡が完成し、ミッション大成功。ご利益として愛に満ち溢れた老後が送れそう。一応ここで山行終了となったが、駅に直結ベストポジションに極楽温泉がお出迎え。気持ちよく入ってきました。

以上、南高尾セブンサミッツ・ハートトレイルは、3万歩以上歩いて充実した楽しい山行でした。報告は付人Tでした。

2024 前期『歓迎山行』IN 古賀志山

2024年4月28日(日曜日)
メンバー:ケンちゃん(L)・ISOやん・ジョージ・さかさん・アイちゃん・トポ・大ちゃん・フミ・ラッセル・イカさん・イトちゃん・朔ちゃん・ニシヒロ・山ちゃん・あち・こばちゃん・市さん・イコちゃん・かよちゃん・コジロー・ゆず・急便・土鍋・タモさん・あっこちゃん・さくら(記)    参加人数:26人                          

2024年前期入会者の歓迎山行が 4月28日(日)古賀志山において実施された。
5名(都合により1名不参加)の新会員は21名の先輩方と共に4班に編成されて、
8:00 宇都宮森林公園Pを歩き始めた。
 今日のコースは、北コースから古賀志山 さらに御嶽山へ。
それから南コース 休暇村管理センターを経て、出発点に戻るというルートである。
この日、夏日予報が出て暑さが心配されたが、幸いなことにこのコースは山頂や林道を除けば、ほとんど樹林帯である。赤川ダム付近の青楓の葉はひときわ美しく、時折吹く風は何とも心地良く、水場付近には、白雪ゲシ、ホウチャク草、チゴユリなどが咲いていた。
古賀志山山頂・御嶽山山頂では真っ青な空の下、集合写真撮影と山座同定で過ごし下山開始した。
南コースの長い階段を下り林道を歩き、12:00管理センター前の広場で昼食となる。
木陰に入ると、ここでも爽やかな風が吹き抜けた。
食後は全員でコーヒータイムになり、先輩方の背負って来てくれたお湯で入れるコーヒーの味はまた格別であった。
歓迎式が始まり、まず伊藤会長と竹田顧問から会創立時のいきさつや理念、山への想いなどをうかがう。次に昨年入会の3名の方から入会後の感想を頂き、最後に新会員が各々の山との係わりや、今後の希望などを述べて終了となった。
13:20出発点の公園Pに戻り、15:00に予定通り集合地解散となった。
 ケンちゃんリーダーの細やかな準備と配慮は、まさに今日の風のようで実に心地良く吹き渡っていた。
この歓迎山行は【さわやかな風の山】として記憶に留めたいと思う。

清津峡と秋葉山

2024年4月21日(日)日帰り
メンバー
まなちゃん(L)、ミッコ(SL)、こばちゃん、やす、ノンちゃん、市さん、るな、山ちゃん、ゆず、ことりん(記)
10名

新潟県の清津峡は黒部渓谷(富山県)、大杉谷(三重県)とともに日本三大渓谷であり、国の特別名勝・特別天然記念物です。
清津峡トンネル終点では渓谷の景色を水鏡で反転させた幻想的なアート空間が広がり、インスタの映えスポットとして大人気です。

朝5時45分集合
車2台で出発

アノ景色が見たい!あの景色の中に入ってみたい!とみんな期待に胸躍らせていました。

清津峡トンネル内にはユニークで面白いトイレがあります。
使用するには度胸と勇気が必要です。

本当にあのような写真が撮れるのか?
半信半疑でしたが、リーダーがビックリするくらい上手に写真を撮ってくれました。
とても良い想い出の一枚になりました。

土産店で買い物後、次は秋葉山登山。山頂でお昼ご飯。
山の会発足以来、1番ラクな山?で登山というより登山歩。

温泉に入って道の駅で買い物して16時帰着。

運転手してくださったお二方には長距離で大変だったと思いますが、朝遅く帰りは早い山行だったので遠い新潟が近く感じられました。道中もおしゃべりに花が咲き、ゆったりのんびりゆる〜い楽しい山行でした。

残雪期登山入門  博士山

2024年4月6日(土)
参加者:ヤモシン(リーダー),山キュー,mow,あみちゃん,イカ(記)
博士山(1481.9m)は、会津豪雪地帯の柳津町・昭和村・美里町の境界にどっしりと構える秀峰。手付かずの自然林に覆われ、標高の割にスケールの大きな沢と険峻な尾根を持ち この時期残雪も多く 残雪期の登山入門に打って付けの山。

5:30 道の駅湯の香塩原に集合し出発
7:20 道海泣き尾根登山口に着くも駐車場未除雪林道端に駐車し登山準備に入る。残雪の状態はザラメ状でアイゼンを携行しチェーンスパイクを装着する。
7:40 登山開始、林の中の緩斜面を進み 道海泣き尾根の急坂に取付く ロープが所々に設置されているが残雪が多くほとんど利用出来ない油断すると踏み抜き 足探りでステップを切って進む、梯子の有る所は雪が消えておりホッ!! シャクナゲ同門を過ぎた辺りで「ドドドーーー」少し時間をおいて「ドドドーーー」雪崩 質感のある腹に響く音と振動 以前経験した表層雪崩とは異なり 一寸ビビル!!
10:20 尾根分岐に到着 mowさんがワカンに履き替え軽快に尾根歩き 雪庇が出ており部分的にスジ(下はクラックか?)気温も高く踏み込むと水が染み出て来る 慎重に山頂を目指す。
11:45 博士山山頂 一等三角点が有るはずだが積雪で確認出来ずランチタイム。
12:10 食後アイゼンに履き替え下山開始
13:10 尾根分岐に到着 近洞寺尾根に入る
13:20 近洞寺山 そのまま尾根を下る
13:50 雪も少なくなりアイゼンを外す
14:10 下降点 降り口見失い行きすぎる
14:55 近洞寺尾根登山口着
15:10 道海泣き尾根登山口着
残雪期登山入門にふさわしくチェーンスパイク,アイゼン,ワカン等装備と歩き方が体験出来、雪崩を近くで体験出来たのは収穫です。

カタクリの大群落へようこそ〜吾国山(わがくにさん)

2024.4.6()

メンバー:麗子、クロさん、まーちゃん、山ちゃん、kakky、あやや、沢ちゃん、まなちゃん(代理L

 

 茨城県の福原駅から岩間駅に至る「笠間アルプス」という低山縦走コースのうち、福原駅から吾国山までをピストンで歩きました。福原駅でレインウェアを着てのスタートだったものの、天気は回復傾向で問題なく山行を実施することができました。

 一般道から登山道に入ると、およそ100メートル(109m?)毎に石に刻まれた「丁目石」がありました。丁目石を見つけては何丁目かを確認しながら山頂を目指しました。よく整備された明瞭な登山道を進むと、山頂北側直下に見事なカタクリの大群落がありました。カタクリの群落はあちこちにありますが、吾国山の群落はかなり規模の大きいものではないでしょうか。最盛期にはちょっと早かったように思いますが、この山行の目的を果たすことができました。また、山頂近くのブナの巨木も素晴らしく、吾国山と難台山の間にはスズランの群落もあるようで、季節を変えて笠間アルプスを縦走するもの楽しいでしょう。

 吾国山の山頂には山名版はないものの小さな神社が鎮座していました。水分補給と行動食をとったあと下山を開始しました。登山口にある鳥居を振り返ると「我国山」の文字があり、日本武尊の伝説がある山だということがわかりました。

 下山後は福原駅からすぐ近くで、本家出雲大社(島根県)よりも大きい大しめ縄があるという常陸国出雲大社にお参りしました。縁結びにご利益があるという神様に二拝四拍手一拝で参拝し、大しめ縄にコインを投げると見事突き刺さりました。縁結びのご利益ゲットです。(本家では禁止されているがここでは禁止されていなかった。)帰路、桜川で昼食にラーメンを食して終了と相成りました。

(まなちゃん記)

土岳(茨城県599m)

2024/4/3 (水) 
メンバー:急便(L)、イトちゃん、テル、チャコ、山ちゃん、イコちゃん、まゆみ、ビーさん、サエちゃん、フミ、大ちゃん、ゆず、かよちゃん、ケンちゃん(記)     以上14名

なんと言っても、今回の土岳は『土岳で美味しい山飯を』というお楽しみ山行とあって、参加者も14名と多かった。
リーダーは勿論、イトちゃん達が主に成って、山飯(?チャーハンと餃子スープ)を本番さながらの練習を繰り返し、本番を待つばかりに成っていた。
ところが無情にも、ピンポイントで当日だけがお昼から雨予報?で山飯は中止。
悔しい思いは有るものの、リーダーの的確な判断でお昼頃には下山出来るようコースを変更し山行を実施した。
今回の、テーマでもある『イワウチワの群生地を探してみませんか?』は何と、中腹近くに可憐な咲きたてのイワウチワの群生を発見することができ、参加者の足が止まり笑顔で撮影時間?となった。
山は3時間余りで下山となったが、帰りに近くの高萩電波望遠鏡を見学して来た。

電波望遠鏡は長野県野辺山に有る直径45mが日本最大のパラボラアンテナで有名だが、高萩はそれに次ぐ直径32mの大きいパラボラアンテナも圧巻だった。
3月後半からの寒波で例年よりも2~3週間サクラの開花が遅れていて、高萩サクラ宇宙公園内300本のさくらも数輪しか咲いていなく、雨も降ってきた。

帰路は本格的な雨となり、解散となった。

ここ土岳は季節に合わせて色々な見どころのある所なので、次回に期待します。
イワウチワ

CONTACT

2018年4月 那須塩原市に「なすしおばら山の会」誕生!
いろいろな山の会で多くの経験を積み重ねてきた、
ベテラン集団が立ち上げた山の会です。
創設から約6年!
新しい仲間がどんどん増えています。
ビギナーもベテランも大歓迎!
一緒に山をenjoyしませんか!

ブログ更新情報

ブログを見る

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP