なすしおばら山の会

定例山行・リーダー規程

定例山行・リーダー規程

          定例山行・リーダー規程

 

1.事 前 準 備

(1)事前準備、当日、山行後までリーダー(CL)とサブリーダー(SL)は協力して行う。

(2)ルートや歩行時間がわからない時は下見をする。

(3)山行の内容に応じて募集定員を設定する。ただし、Aランクの山行に限り募集定員は設けない。

(4)登山計画書案を作成し、実施月の3ヶ月前の山行審査会の審査を受ける。

 (5)宿泊を要する場合は、宿泊所を予約する。

 (6)実施月の2ヶ月前の定例会の日に登山計画書と地図を全会員にライン等で配信するとともに、会報掲

    載の山行紹介記事に基づき定例会で発表する。

(7)前述の定例会終了後の所定の時刻からライン等による参加申込みを受け付け、参加者を決定する。

(8)参加者の登山能力の把握に努め、必要な場合には本人又は山行管理部長等に照会して、参加の可否を判断する。

(9)Aランクの山行において、班編成が必要にもかかわらず参加者の中に適任者がいない場合には、運営委員会に班長適任者の派遣を要請する。

(10)車・キップの手配をする(マイクロバスの場合、担当者に手配を依頼し、前日にはレンタカー会社に集合場所や時間を確認する)。

(11)必要な場合は参加者で打合せをする(食料、装備、役割分担など)。

(12)共同装備(救急薬品、ツェルト、補助ロープ、テントなど)を用意する。

(13)参加者名簿の入った登山計画書(裏面の地図は省略できる)を1ヶ月前の定例会で参加者に配付する。

(14)参加者名簿の入った登山計画書を山行管理部担当者へ4日前から2日前までにメール等で提出する。

(15)天候その他の理由で中止を決定した場合は、参加者全員に山行中止を連絡する。また山行管理部長へ連絡する。

2.当 日

 (1)集合場所にて参加者を確認する。 

 (2)行動予定や注意事項、役割(記録や会計、救護等)を発表する。

 (3)時間があれば自己紹介をする(休憩時間や昼休みでもよい)。

 (4)登山口到着後、準備体操、登山計画書(登山届)提出などを行って登り始める。

 (5)行動中は歩行速度やメンバーの体調に気を配り、適度な休憩をとる。

 (6)下山後、会計に参加費の計算と徴収をしてもらう。

(7)車代の支払いをし、リーダー手当てをもらう(CLSLの両者)。

リーダー手当:日帰り100円/人、一泊以上(前夜発を含む)200円/人

(8)参加者に会計報告をする。

   (9)解散後、LINEグループトークへ下山報告をする。

3. 山行後

 (1)共同装備を返却する。

(2)登山報告書を山行管理部担当者あて提出する。

 

(付則)

 1 この規程は、2018年7月12日から適用する

 2 この規程は、2019年3月9日から適用する

 3 この規程は、2020年3月14日から適用する

 4 この規程は、2021年3月13日から適用する

 5 この規程は、2021年10月21日から適用する

 6 この規定は、2021年11月24日から適用する

CONTACT

2018年4月 那須塩原市に「なすしおばら山の会」誕生!
いろいろな山の会で多くの経験を積み重ねてきた、
ベテラン集団が立ち上げた山の会です。
創設から約4年!
新しい仲間がどんどん増えています。
ビギナーもベテランも大歓迎!
一緒に山をenjoyしませんか!

ブログ更新情報

ブログを見る

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP